海外版世界樹2・英訳ワード

今日は海外版世界樹2の英訳ワードを色々と調べてみました。
全12種のクラスの半分と施設・モンスター関連のワードを少々です。

h110904.jpg

ちょっと量が多いので続きより。


■ソードマンのスキル

剣マスタリー→Swords
斧マスタリー→Axes
カウンター→Counter
ダブルアタック→2-Hit

レイジングエッジ→Cieaver
トルネード→Tornado
ハヤブサ駆け→Allslash
ソニックレイド→Hypercut
レイスラッシュ→Riskcut

デスバウンド→Deathaxe
ヘッドバッシュ→Siencer
パワーゲイン→Brawn
ハイスイング→Lifeaxe
スタンスマッシュ→Stunner

チェイスファイア→Blazer
チェイスフリーズ→Freezer
チェイスショック→Shocker

ウォークライ→War Cry
ボンテージケア→Unbound

フルゲイン→All Out


■レンジャーのスキル

弓マスタリー→Bows
先制ブースト→Ambush
危険感知→Sagacity

アクトファースト→1st Hit
ソニックステップ→Velocity
スローステップ→Slowstep
アザーズステップ→1st Turn
チェインダンス→Baitstep

パワーショット→True Shot
ダブルショット→2-Bolt
スリープアロー→Sleeper
パライズアロー→Number
ポイズンアロー→Poisoner
サジタリウスの矢→Apollon

警戒斥候→Patrol
警戒歩行→Stalker
知覚→FOE Sense

無幻陣形→Airwalk


■パラディンのスキル

盾マスタリー→Shields
決死の覚悟→Aegis
オートガード→En Garde
加護→HP Regen
背水の守護→Riskwall
シールドスマイト→Smite

フロントガード→Front Guard
バックガード→Back Guard
フルガード→All Guard
チョイスガード→Guard
ファイアガード→Antifire
フリーズガード→Anticold
ショックガード→Antivolt
マテリアルガード→Antiall

渾身ディフェンス→Fortify
挑発→Provoke
パリング→Parry
リフレッシュ→Refresh
全力逃走→Flee

完全防御→Painless


■ダークハンターのスキル

鞭マスタリー→Whips
剣マスタリー→Swords
蠱毒の極→Antisick
無我の極→Antibind

アナコンダ→Viper
レッグボンテージ→Shackles
アームボンテージ→Cuffs
ヘッドボンテージ→Gag
エクスタシー→Ecstasy

ジエンド→Climax
ヒュプノバイト→Hypnos
ショックバイト→Nerve
ミラージュバイト→Mirage
ドレインバイト→Drain
カタストロフ→Petrify

トラッピング→Bait
トラッピングll→Magibait
ボンテージケア→Unbind
誘いの足音→Racket

オールボンテージ→Dominate


■メディックのスキル

回復マスタリー→Healer
TPリカバリー→TP Regen
博識→Scavenge
戦後手当→Patch Up

キュア→Cure
ヒーリング→Cure2
フルヒーリング→Cure3
エリアキュア→Salve
エリアヒール→Salve2
エリアフルヒール→Salve3

リザレクション→Revive
バインドリカバリ→Unbind
フルリカバリ→Freedom
リフレッシュ→Pefresh
フルリフレッシュ→Purify
レジストデッド→CPR
捨て身の医療→Phoenix

ヘヴィストライク→Caduceus
警戒斥候→Patrol

超医術→H.Touch


■アルケミストのスキル

炎マスタリー→Fire UP
氷マスタリー→Ice UP
雷マスタリー→Volt UP
物理マスタリー→Phys UP
解析→Analysis

火の術式→Fire
火炎の術式→Flame
大爆炎の術式→Inferno

氷の術式→Ice
氷結の術式→Freeze
大氷嵐の術式→Cocytus

雷の術式→Volt
雷撃の術式→Thunder
大雷光の術式→Thor

強斬の術式→Blades
圧殺の術式→Gravity
貫撃の術式→Piercing
核熱の術式→Megido

回帰の術式→海外版では無し。代わりに「博識」が入っている(?)

超核熱の術式→Eschaton


■施設

フロースの宿→Flaus Inn
シトト交易所→Sitoth Trading
鋼の棘魚亭→Duke's Palace
冒険者ギルド→Explorers Guild


■モンスター

キマイラ→Chimaera
サラマンドラ→Salamox
ハルピュイア→Harpuia
ジャガーノート→Colossus
オーバーロード→Overlord
ディノゲーター→Muckdile
始原の幼子→Ur-child


個人的意見としては3のスキルよりこっちの方が面白味はあるかな、という感想です。
マスタリースキルこそシンプルで素っ気無い感じですが、他のスキル名は中々良い感じだと思います。

ダークハンターのボンテージスキルが名前が変態プレイ的にストレートなのがちょっと気になりますw
向こうの人的にはコレで良いのか...?w

とりあえず前回の分と合わせてまとめページの方に追記しました。つ
全部補完しようと思うとまだ1割程度しか出来てないですが、まあ自分が知りたいトコだけ埋めれば良いや、
てトコなので2の残りのスキル等、ボチボチ埋めたら終了ということにしておきます(-ω-)Φ
さすがに疲れました...w

管理人へコメント

>ダブルアタック→2-Hit
格ゲー的に考えると情けなくて凹みそうな。
>エクスタシー→Ecstasy
あ、そのままでいいんだ…
>アルケミの三色術式
三色術式がレベル毎にメディのように事務的にfire-1 fire-2とかじゃないのが意外。
全部違う単語を選んでいるのは好印象ですが、科学技術という特色が薄れている気も。
>始原の幼子→Ur-child
Urが何の略なのか調べてもよく分かりません。
究極(ultimate)も世界樹のモチーフな北欧神話の神ウル(Ullr)もスペルが違うし…
同スペルだとルーン文字に同じ物がありますがぴんと来ないな。

総じてSF色を薄めてファンタジー風味を強めた感じですね。

向こうには漢字がないからなぁ……
漢字なら文字の一つ一つに意味があるので組み合わせるだけで簡単に、誰にでも分かる造語を
作れるんですが英語にはそういう発想が少ないので(せいぜいAnti~とか)
そもそもが造語な「炎の術式」とかすごく英訳しづらいんですよね。
JRPGの横文字スキルとかも、それぞれのカタカナ単語を漢字のように組み合わせて造語を作るし……
英語では新しい造語が作れない、だから既存の言葉でなんとなく分かるような技名をつける。
英訳ワードに関する違和感は大体これに収束するかと。

ur-[ ur-, r- ]
「原始の」「初期の」「原形の」
ur-sprache
印欧原語
ur-Hamlet
原ハムレット物語

…ってことらしいです。割とそのまんまですね。
childというと「子供」とよく訳されますが、「子供」と「幼子」では印象がだいぶ違いますよね。
となると、向こうではchildは「幼子」というニュアンスが強いという事になるんでしょうか。うーん、翻訳って本当に難しい。

>カレワラさん
全体的に見てみると残念なワードもチラホラ...w
やっぱり日本語表記が便利すぎるので訳すとどうしてもイマイチなのは増えるのかもですね。
ケミの術式は個人的には結構好きです。指摘されてる通りファンタジー色が出て科学っぽさは無いですけどねw

ちなみに「Ur-」は「原型」という意味でフツーにある(常用英語では無いでしょうが)単語ですよー。

>cuさん
外国語と比較することで日本語の偉大さというのを知る今日この頃です。
漫画の擬音なんかもそうですが、こういう厨二な表現はやはり日本語強しですね。

向こうのゲームなんかは日本からの移植に限らず、オリジナルのものでもネーミングはシンプルですからね。
映画のタイトルなんかでもそう感じます。

しかし違和感を無くす為の最善な方法はそのままローマ字表記にすることかも...?とちょっと思いましたw

>名無しさん
補足説明あざーす。なるほど、詳しくはこういう意味か...φ(・ω・` )メモメモ

Childの方は日本語の「子」と一緒で色んな意味を含んでいるんでしょう。
しかし漢字1文字あったら表現できてしまう日本語はホントにマジ便利...!
管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やん

管理人:やん
現在リハビリ中。
飯は食うより食わせる方が好き、という世話好き(お節介とも言う)なオヤヂです。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
外部リンク