とある港の昼下がり

世界樹3の仲良し釣りコンビの日常の1コマ。
宿屋の少年の方が今より幼い頃という設定で。



港のじーさんからキャプテンハットを被らせてもらい、
「ボクもおおきくなったらおじいちゃんみたいな船乗りになるんだ~!」とか言ってる光景です。

でも子供は残酷で正直なんで
「でもウチのおねーちゃんが帽子被ってるとハゲるって言ってたからやっぱり船乗りは良いや」
「ハハハ、こいつめ」

...みたいな事は言っているかもしれませんw




↓以下、拍手コメ返信です。

>…普通に期待してしまった…!!
期待しても良いのよ...。
本は出すのに金と時間いりますが、絵を描くだけならそんなに手間じゃないですから...!

管理人へコメント

( ´∀`)和む・・・。ぶかぶかの帽子がなんとも可愛らしい。
きっと日差しが強いから、日射病にならないようにという優しさも
含まれてたんでしょうねー。

こうやって少年は釣り師への道の土壌が出来ていくのであった……
子供の正直で残酷な言葉に、港の主はおおらかに笑い飛ばしつつ
ほんのちょっとだけ「きついこと言うなこの子……」とか思ってるんでしょうか。

最近まで、じいちゃんのおでこの傷に気付かなかった人がここにいます。今ではすっかり丸くなってしまったけど、昔はやんちゃボーイだったのでしょうか?

>赤鬼さん
優しい...何という優しい心遣いのおじーちゃん。
(正直こういうの描いたもののそこまで考えて無かったとか言えない...!)

ところでちっちゃい子にでっかい帽子は可愛いですよね(*´ω`*)

>cuさん
自分の母方の祖父がこんな感じのハg...(ゲフンゲフン)だったので、
自分が子供の頃にストレートに言ってた言葉を笑って受け止めていた祖父の心境は
いかほどだったのか...とちょっと考えちゃいましたよ...w

予想に過ぎませんが、たぶん笑って受け止めているようでも心の中ではちょっと泣いてると思います!w

>ずいさん
ゲーム内では昔の武勇伝を語ってくれるんで、本物の海の男か痛い人のどっちかでしょう...w
1のガンリューさんの印象があるせいで3のギルド長とこのおじーちゃんから
何かしら厨二病的な臭いをどうしても感じてしまします...w

傷は勇魚を捕獲する時とか海賊と交戦してる時に付いたモノならカッコ良いですが、
「1Fのオオヤマネコにやられた」なんかの可能性も捨てきれないので何ともはや...。

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やん

管理人:やん
現在リハビリ中。
飯は食うより食わせる方が好き、という世話好き(お節介とも言う)なオヤヂです。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
外部リンク